投資スクール徹底比較口コミランキング

投資初心者必見!経験者が語る、失敗しない投資に必要な勉強とは?

2021年07月12日

勉強に悩む女性
投資に興味があるものの、「何から勉強したらよいかわからない」「投資の情報収集はしてみたけど、いざ実践しようとするとまだ不安」「基礎を学んだあと、どうしたらよいのか分からない」「独学だと、疑問点を解消できない」。そんな悩みを抱える方も少なくないはず。

悩みを抱えた投資初心者の方に、勉強の近道としておすすめしたいのが、投資スクールで投資のプロから学ぶことです。専門家から体系的に投資について学習できるため、短期間で効率的に投資の知識を得るのにぴったりといえます。今回は、投資のプロから学べる投資スクールの中でも、講座数の多いものをピックアップ。きっと投資を実践するために必要な知識を得られるはずです。

目次

 

投資の初心者をバックアップしてくれる投資の勉強方法

さて、投資を始めるにあたって、まずは投資を学ぼうと意気込んでみたものの、何からどう始めて良いかわからず、とりあえずネットの情報を調べて、なんとなく分かった気になっている方はいらっしゃいませんか。私が投資の勉強を始めた当初もまさにこれでした。最近では特に、世間の投資への関心が高まりつつあり、Web上には玉石混交、種種雑多な情報が溢れています。しかし、これらの情報のみではたして投資を始められるのでしょうか。そこでまずは、私の経験に基づいた投資について知るための方法とそれぞれのメリット、デメリットなどをご紹介いたします。

 
投資について学ぶための方法は、大きく分けて次の4つがあります。

・投資関連の書籍を読む
・Web上にある情報を調べる(ネットの記事、SNS、YouTube、Yahoo!知恵袋などの掲示板)
・投資セミナーを受講する
・投資スクールで勉強する

これら、それぞれについて私の経験など踏まえて詳しく解説していきたいと思います。

(1)投資関連の書籍を読む

先にお伝えしたとおり、世界的な投資に対する興味、関心の高まりを受け、投資に関連する書籍はここ最近、多く発売されています。それこそ世界的な投資家の金言がまとめられたもの、初心者向けの「誰でもわかる〜」「2週間で理解できる投資の〜」といったHowto本まで様々なものが書店に並べられています。

これらの中には、投資を学ぶ上で必要なこと、実践的なテクニックについて記載されているもの、など価値あるものも多くありますが、それと同等以上の数で根拠のないもの、情報が古いもの、そして”読者の身の丈にあっていないもの”などが溢れています。投資を書籍で学ぶ上で重要な点はまさにこの部分にあり、今の自分にとって有益な情報が書かれている書籍を見つけ出すことが大きなポイントとなります。

そこで投資を書籍で勉強しようとする方には、珠玉の一冊を選ぶ際に「著者の経歴」「発売された日」「口コミ」の3点を最低でも抑えておくことをおすすめします。誰が書いたのか、その著者は投資に関してどれくらいの経歴があるのかを知ること。そして信頼すべき著者だったとしても、本の発売日から期間が空いているものに関しては、情報が古くなってしまっていないかを確認するようにしましょう。

また、書籍の口コミやAmazonのレビューなどにはなるべく目を通してください。この時のポイントは、単純に良い、悪いではなく、投稿者がどれだけ投資の経験があるのかが重要です。当然ですが、投資の中級、上級者からしてみれば、初心者向けの本は物足りない内容になるわけで、とかく、ネットでは専門書、難解な内容が評価されやすい傾向にあります。評価が良かったからと買ってみた書籍が、初心者には何が書いてあるか分からない、では意味がないので、この部分も注視してみてください。

(2)Web上にある情報を調べる(ネットの記事、SNS、YouTube、Yahoo!知恵袋などの掲示板)

経験者として自信をもって断言しますが、Web上にある情報だけで投資を学んだ気になるのが一番危険で、失敗する要因です。実は私も、最初にこの失敗をしました。知らない用語を調べたり、ノウハウを知りたいときにネットで情報収集することは有効ですが、投資そのものの知識をWebだけで学ぶのはおすすめできません、ネットに書かれている情報のみで知識武装できるほど、投資の世界は甘くないというのが私の考えです。

私がそのように考えるのには、いくつか理由があります。

ひとつは、Webではより多くの人に閲覧してもらうこと(PVなど)が目的となるため、本当に重要な内容を書くこと以上に、検索の需要があるキーワードなどを対象に記事を組み立てるから。

もう一点が、発言、記載内容に責任が伴わないこと。極端なことを言えば、無料で公開している情報であるが上、間違ったことを書いてもそれがなかなか修正されないことが多く、閲覧するユーザーもそれが正しい情報かどうか判断する知識と能力が必要となります。

もちろん、Web上にも有益な情報はたくさんありますが、「正しいか、正しくないかわからない」情報であることが、おすすめできない理由なのです。

(3)投資セミナーを受講する

投資セミナーを受講するメリットは2つ。1つ目は開催されるタイミングで最新の情報を取得できること。もうひとつが投資に関する知識を短時間でコンパクトに解説してくれることです。書籍を1冊読むより短時間で、効率的にテーマについて学べるため、満足度も高いと思います。

一方で、投資に関する知識を土台からしっかりと作りたい方にとっては、やや物足りなさを感じるかも知れません。単発で開催される投資セミナーのほとんどは知識を一から積み上げて、実践で戦える知識を得られる内容というより、テーマを絞り、さわりの部分を伝えるのみとなります。これは時間的に制約があることなどを考えると無理もないと言えます。

(4)投資スクールで勉強

投資について一から学びたい方に、私がおすすめするのは、投資スクールでプロから知識を学ぶことです。過去の自分の経験からも、投資について一から体系的に学ぶのであれば、結果的にこの方法が有効な手段なのでは、という結論にたどり着きます。

投資スクールのメリットは、体系的なカリキュラムに沿って勉強できることです。参加者がどうすれば投資の知識を身につけられるか、各校で個性はあるものの、ユニークな工夫がなされています。加えて、書籍を読む、ネットの情報を収集するのと違って、講師や専門家へ不明点を質問できること、さらにとかく孤独になりがちな投資の勉強中に、同じ目的に向かって進んでいる同士(他生徒)の存在を意識できることも大きな特長といえるでしょう。

もちろん、世の中にあるすべての投資スクールが健全かというと残念ながらそうではありません。ですから、どの投資スクールを選ぶか、という点はその後のあなたの将来を左右することは言うまでもありません。

勉強のイメージ

初心者が投資スクールを選ぶときの選定ステップ

一から投資を学ぶ際は、投資スクールに入校することが”効率的”であることをご説明しましたが、それではどんなスクールを選べば良いのでしょうか。投資スクールとは何なのか、そして初心者が投資スクールを選ぶ際に注意すべき選定ポイントについて、順を追って解説します。

 

ステップ1:投資スクールの特色を知る

投資スクールとは、その名の通り投資に関するノウハウを学べる学校ですが、投資と一言で言ってもその種類は様々。株式はもちろん、FXや不動産など、数ある種類を幅広く網羅しているスクールや、何かひとつの種類に特化しているスクールなどバラエティに富んでいます。まずはご自身がどんな投資を学びたいのか、投資で何を実現したいのかを定めることが重要です。あるいは、そこについても決めきれない場合、いろんな投資手法について学べるスクールを選びましょう。

学習内容はスクールによって異なりますが、テーマに沿った学習カリキュラムが組まれ、それに沿って勉強するといういわゆる一般的な学習塾とおなじもの。基本的な投資の仕組みから、銘柄選択の基準、決算書の読み方、売買タイミングをはかる方法、リスク管理の方法まで、投資で成果を出すために必要なノウハウを学ぶことができます。これを各スクールが誇る有名な投資家やお金の専門家、現役の投資家などから学べるわけです。

なお、スクールと聞いて、通学、対面式を思い浮かべる方もいると思いますが、忙しい時間の合間を縫って勉強したい方、また昨今の密を避けるトレンドなどを受けて、スマホやPCを利用してのオンライン授業や動画(録画した内容を自由に閲覧する形式)で受講できるスクールも増えています。さらに少数精鋭クラス、マンツーマンなど一度に受講する人数に制限を設けるなどスクールによって特長があります。受講スタイルについてはそれぞれメリットやデメリットがあるわけですが、いずれを選ぶにせよ、関心をもったスクールがどういった受講スタイルを用意しているのかは調べておくべきでしょう

 

ステップ2:投資の何を学びたいのか。投資の種類をチェック

さて、それぞれに個性がある投資スクールですが、投資初心者の方がスクールを選ぶ際、どのように選べば良いのでしょうか。

先に述べた通り、投資には様々な種類があります。このなかでどれを学びたいのか、まずは自分の中でしっかりと決めることが必要です。そこも決められない、という方であれば、シンプルに投資の種類、講座数が豊富なスクールを選ぶことをおすすめします。数ある講座で学んでいく中で、自分がやりたいこと、得意とすることなどが学びながらみえてくるからです。

ステップ3:誰から教わるのか。講師をチェック

投資に限ったことではありませんが、誰から教わるかはとても重要です。投資に関してどれくらいの知識、経験を持っているのか。実績はどれくらいか、などWebや書籍などを参考にスクールの講師を調べてみるのも良いかも知れません。

ステップ4:テキストを渡されてほったらかし?サポート体制をチェック

不明点に関する質疑応答にはどう対応してくれるのか。対応は対面なのか、メール、電話なのかなど、興味をもったスクールのサポート体制についても調べておきましょう。有益な情報が書かれたマニュアルやDVDなどを渡されて、あとは頑張って勉強して下さい、では、書籍で勉強することとあまり変わりません。

ステップ5:万が一に備えて。返金保証制度の有無をチェック

悪質なスクールに入校してしまったというケース以外にも、自身のレベルとあっていない、知りたかったテーマ、内容とは異なったなど、誰にでも入学した後に「あれ、違った」というケースはありえます。そういった万が一に備えて、返金保証制度が用意されているかどうかは必ずチェックしておきましょう。また、この返金保証制度については各校で細かいルールが異なりますので、必ず詳細の内容なまで知っておくこと、あるいは事前に質問しておくことが重要です。

以上が選定ポイントとなります。端的に言えば、初心者が最初に選ぶべき投資スクールは、サポート体制が充実しており、返金保証制度があること。そして講師が著名かつ口コミなどでの評判も悪くないこと。そして、何を学ぶべきかまったく決まっていないのであれば、まずは講座数が多く、投資の種類が幅広いほうが良いということとなります。

 

網羅的に学びたい人におすすめ。講座の数や種類が多い投資スクール3選

投資の初心者が選ぶべき基準のひとつとして、講座数が多い投資スクールをおすすめしました。豊富な講座数があり、初心者にも安心な基礎的な講座があるスクールを3校ご紹介いたします。

 

グローバルファイナンシャルスクール

講座数  :1,032講座
講座の種類:株式、債券、投資信託、不動産など
内容   :オンライン受講できるグローバルファイナンシャルスクールの講座数は1,000以上。しかもかなりの頻度でコンテンツが増えています。学べる内容は株式投資のほか、金融経済全般、NISAとつみたてNISA、不動産投資、債券と金利、保険、節税、企業会計とフェアバリューなど幅広い投資の種類をカバー、これらの基礎から実践・応用編まで用意されています。もちろん、ただ数が多いだけでなく、投資レベルや目的別に分けられており、初心者コース、株式コースなど自分が学びたい内容を効率よく、選べることもポイント。そのため、初心者からベテラン投資家まで幅広い層が対象となります。

 

ファイナンシャルアカデミー

講座数  :452講座
講座の種類:株式、不動産、FX、投資信託など
内容   :2002年開校のファイナンシャルアカデミーの講座数は500弱。大別すると、「株式投資」「不動産投資」「外貨投資・FX」「投資信託」「お金の教養」「定年後設計」の6種が学べます。なかでも不動産投資について口コミを中心に好評です。講師についても公式サイト主要講師の経歴がしっかり書かれているので、どんな実績をもつ講師から学べるかを事前に知れるので安心です。

 

アクションラーニング

講座数  :100講座以上
講座の種類:株式
内容   :動画で学べるアクションラーニングで取り扱う講座の種類は株式のみですが、100講座以上を用意する点で他を圧倒しています。ラジオの株式投資番組への出演実績を持つなど一定の評価を得ている公認会計士でもある代表の日根野氏による授業を、月額1,000円で受講できるというかなり破格の料金設定となっています。企業分析やポートフォリオの管理など、実践的な力を身につけられる講座も、投資の初心者にはわかりやすいものとなっています。

 

まとめ

今回は投資の勉強法について、効率的かつ体系的に学べるのは投資スクールであるということで、講座数の多い投資スクールをご紹介させていただきました。

投資スクールは各校それぞれの個性があり、どれが良いと一概には言い切れません。重要なのは自分の身の丈にあっているか、自分が必要としている知識を得られるかの2点。本コラムなどを参考に、ぜひ自分にぴったりの投資スクールをみつけてみてください。

おすすめコラム

    表示する記事はありませんでした。