投資スクール徹底比較口コミランキング

スクール情報

複眼経済塾

基本データ

運営会社 複眼経済塾株式会社
サイトURL https://www.millioneyes.jp/
事業内容 複眼経済塾の運営・管理 各種講演 書籍の執筆・出版
会社所在地 〒162-0843
東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル3階
講師数 3名
コースの種類 ・定例講座動画
・各研修会 など

※上記は調査時点での情報となります。 最新情報については公式サイトをご確認ください。

複眼経済塾の特徴

四季報読みの達人が立ち上げた四季報読みのための塾

代表取締役兼塾長の渡辺清二氏と取締役・塾頭のエミン・ユルマズ氏は、 野村證券時代の先輩、後輩の間柄。国内外の機関投資家に投資情報を提供する部署にいた2人ですが、渡辺氏が独立して投資助言業の四季リサーチを立ち上げた後、エミン氏が加わって、2016年に現在の塾を立ち上げました。代表の渡辺清二氏は「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」などの著書をもち、東洋経済新報社にも公認されている四季報読みの達人。同塾ではこの四季報読みが肝となってきます。これに加えて、両氏が全国の有望企業を訪れる「企業訪問記」や、企業のトップを招いて自社企業を解説してもらう「IRミーティング」などのコンテンツも用意されています。

21銘柄の株価騰落率を独自に指標化した「四季INDEX」

四季報読みの達人が四季報が出たタイミングで掲載全企業から、気になる21銘柄をピックアップしてくれる「四季INDEX」は同校のキモのひとつ。そして実際に1000万円を元手に独自のファンドをつくり、運用もしており、渡辺氏やエミン氏の視点で選定された銘柄、今の時流はどうなっているかを勉強できます。

月会費10,000円に加えて、ワークショップなどに参加するには追加料金が必要

四季報読みの達人に学ぶことで、企業分析の力が培われることは間違いありませんが、各ワークショップなどに参加するには、追加料金が発生します。この点は、オールインクルードで料金設定をしている他スクールとは料金設定がやや異なる部分で、2人の話が聞けるから良しと捉えるか、高いと捉えるか判断が問われるところです。

口コミとその他比較情報を見る